So-net無料ブログ作成
検索選択

カニ旅行~香住~城之崎温泉~出石  2日目 [TRaVel]

人ってのは美味しいものを食べると幸せになるみたいだ。

最近、朝は仕事の疲れを引きずって疲労感たっぷりの目覚めが多いんだけど、今朝は違う。


爽やかなのだ。


その爽やかさと普段絶対食べない朝食をいつも以上に食べてしまう非日常的な時間が最高に悩ましい。

CIMG1921.jpg

昨日さんざんお世話になったカニも朝に味噌汁に入って出てくると思わず

「もういいです」

と言いたくなるんだから、酷いものだ。
CIMG1920.jpg

でも、美味しく頂いてご馳走様&チェックアウト。

また来てくださいと、いきなり宿泊した私にも優しい言葉をかけていただき、城之崎温泉


香住~城之崎温泉は距離にして24キロほどしか離れていないので、40分ほどで到着する。
朝から朝食前にお風呂に入ったのにまだ入るか?と言いたくなるが、やはり温泉はやめれない。

気持ちよく外湯周りさせていただき、但馬牛まん カニまん ってのが気になって仕方ない。
CIMG1928.jpg

気持ちを落ち着かせ温泉で少し湯あたりを感じながら一行は出石へ

城之崎温泉から走り出したらすぐに目に付いたのが、動く巨大カニのモニュメント
CIMG1930.jpg

思わず立ち寄ってしまったw
CIMG1929.jpg

思わずお土産を購入。



我が一行はそのまま出石へ

蕎麦
CIMG1932.jpg

たらふく頂き
CIMG1931.jpg

〆は蕎麦ぜんざい
CIMG1933.jpg


やはり出石最高!
CIMG1935.jpg


そのまま三田プレミアムアウトレットによって買い物を済ませて帰宅。


満足感と一緒に体重も増えたよな非常に濃密な旅行になった。
やっぱり、カニってのは美味しいねぇ~ 肌で実感したね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

カニ旅行~香住  1泊目 [TRaVel]

超多忙な私に神様が休日をくださった。

それも昼から1日の休み。


折角なので、カニを食べに行きたい。

温泉<カニだったので料理旅館をチョイス。

・・が・・・しかし、どう考えても当日それも昼の2時の時点で予約を受け付けてくれる所はなし。

そんな時、駄目もとで行き付けの料理旅館である”丸世井”へ電話。


私:
「申し訳ないのですが、本日予約取れるでしょうか?」

女将:
「お部屋は空いているので結構ですよ」

私:
「本当に厚かましいのですが、ネットの1日限定1組のプランはいけますか?」

女将:
「結構ですよ」


やはり”丸世井”最高です!!!!!

HP
http://www.kaniyado-marusei.jp/
カニを食べたい時は是非行ってあげてください。 


私の家からは兵庫県は香住まで5時間はかかる。
しかし・・・我が愛車であるAudiで走ると3時間半で到着。

大阪からのアクセス方法として

中国道→舞鶴道→(春日ICにて)北近畿道→R9→R178で到着

途中、和田山ICで下車してから国道をR9に行かずに直進してR312を通ると早い。


18時に到着。


家族経営に近い宿なんだけど、民宿とは一味違う。
非常にアッとフォームなのに、綺麗にされた館内に気持ちが伝わるおもてなし。

主人であろう人が自ら包丁を握り裁いてくれたカニは絶品。
基本的にそこまで接客介入してこないので、非常にリラックスして食事が出来る。


一番安いプラン13800円だったが、お腹一杯で大満足。 これはお勧めです。
もし、じゃらんnetなどで予約が取れなくても電話で交渉すれば安いプランを用意してくれると思います。
そういう点でも融通の利くお腹も心も大満足の宿。


カニ刺
CIMG1909.jpg

焼きカニ
CIMG1911.jpg

カニグラタン♪
CIMG1912.jpg

カニすき~♪
CIMG1908.jpg 



お腹一杯です。 っていうか、ぞうすい入りませんw
CIMG1918.jpg


カニの匂いをとるのと疲れを取るためにお風呂へ。
満腹中枢と体温を上げられたのでそのまま眠りの世界へ~ やっぱり、カニは最高です♪


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

出石で美味しい皿そばを食べる。 [TRaVel]

城之崎に行ったら是非立ち寄りたいのが出石。

ココに来たら出石名物「皿そば」を食したい。
昔ながらの城下町のお土産屋さんや出石城跡とかも見たい。

美味しい皿そば屋さんが「きらさぎ」

ここは皿そば以外は温かいそばしか置いていない店。
普通に美味しいのだ。 冬は是非、ぜんざいを食べて頂きたい。


何故ここがいいかというと、お土産屋さんの近くという立地と共同駐車場が無料だって事。

解りにくいので地図で説明。

城跡の前の通りを走って有名な時計台の道を直進。 死ぬほど観光客が歩いているが、別に歩行者専用道路
ではないので、思い切って突っ込んでいこう♪
04.jpg

そのまま直進して2つ目の交差路付近で左手に本屋がある(古い本屋でわかりにくいが)その前が駐車場。
拡大地図。
05.jpg

基本的にどこに止めてもいいらしい。 近くのお店の共同駐車場らしく、看板も何も立ってないので間違えたかと
思うかもしれないが、十数台止めれるので空いてる所に止めておく。

基本的に誰にも文句言われる事もないので、(っていうか一応、店の駐車場なので)止めっぱなしOK
ここを起点に出石を満喫できる。


ちなみに、「きさらぎ」は蕎麦しか置いてないので、子供アレルギーなどであれば花見月へいく事をお勧めする。

そこならば色んな食べ物があるので。




自分へのメモも兼ねて・・・・ お役に立てば幸い♪
nice!(0)  コメント(0) 

城之崎温泉の無料駐車場情報 [TRaVel]

城之崎温泉に車で行った時に困るのが駐車場

実は市営の駐車場だと1時間以内の駐車が無料だという事を知らない人、1じが多い。
3箇所ある。 1時間を越えそうなら一度出し入れしたらまた無料。

また一時間につき100円という激安なので、かなりお得なのだ。
休日はかなり込むので、3箇所どこか空いてる所を見つけるのがベター。


1つ目
01.jpg


城崎駅のロータリー入るすぐに左(さとの湯のわき道を入る)とすぐに駐車場。
ここからだと さとの湯 足湯を満喫して駅前のお土産を買いに行くのに非常に便利。
蟹を購入したい場合は駅前の通りが一番多いのでここがベスト



二つ目
02.jpg

温泉街の中心に位置する”一の湯”前の橋をわたらず細い路地をそのまま直進すればすぐにある。
通りからは見えない位置にあるので、ナビを拡大してチェックして欲しい。

ここの駐車場が空いていれば本当にラッキー♪ 温泉街の中心部にあたるので、ここからアクセスが非常に
便利である。
一の湯、地蔵の湯、御所の湯など主要な温泉を回れる上に通りを食べ歩きするにはかなり優れる。
駐車場から細い路地を川沿いに沿って歩いていくと郵便局があるので、その手前にある名前忘れたけど
何とか横丁みたいな所へ行ける。


三つ目
03.jpg

鴻の湯前のパーキング。 間違えてはいけないのは温泉寺(ロープウェイ)側のパーキングへ止めてはいけない。
そちらへ止めると700円取られるので注意。
鴻の湯がPの奥にあるので、自動発見機があるのが目安。 隣にトイレもあるしGOOD

ここに止めて置いて温泉寺や源泉湯元、ロープウェイへ行ってもよし。
源泉湯元前には温泉卵やアイスが売っているし、足湯もある。



この3箇所の駐車場は市営で自動発券機が設置されているのが特徴。
すべて一時間以内は無料でそれ以降は100円追加。

もし、空いていない場合は まんだら湯の前に止めておくという荒業もある。
ホテルをチェックアウトして、ゆっくり買い物を楽しみたいときなど早めに放り込んでおいてゆっくり温泉街を
満喫しよう♪


自分への覚書もこめて♪
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。